一滴一滴が努力の結晶

我々の最も重要な工程に、周りはさまざまな呼び名をつけてきました。テネシー州は”チャコール・メローイング”を「リンカーン郡製法」として認め、多くの人はそう呼んでいます。しかし、リンチバーグでは、チャコール・メローイングのことを、『エクストラ・ブレッシング(祝福の積み重ね)』と呼びます。これは元々ジャックが言い始め、それ以来ジャック ダニエル蒸溜所では今も言い伝えられています。

 

140プルーフ(アルコール度数70度)に蒸溜された熟成前のウイスキー原酒は、高さ10フィート(約3メートル)にもなる巨大なろ過槽に詰められた木炭で3〜5日をかけて一滴一滴ゆっくりとろ過されます。炭で磨かれたウイスキーが少しずつ、まろやかに変化する様は、祝福に値するでしょう。

ジャック ダニエル独特の口当たりの良い滑らかさは、チャコール・メローイング製法によるもので、バーボンにはないこの工程が加わることで、テネシー・ウイスキーと呼ぶことができるのです。

 

「木炭によるろ過効果は、熟成樽で数年かかることを数日で得ることができます」とマスターディスティラーのジェフ・アーネットは言う。ジャック ダニエルをグラスに注ぎ、ぜひご自身で判断してみてください。